部屋とワイシャツと私、、、 のようなテイストで本日はお送りします(古い!)
一昔前のキャバクラではメールアドレスを交換して、その後に指名、お気に入りのキャバ嬢と
やり取りが主流でした。

私自身、キャバ嬢とのメールでのやり取りの攻略法はあったのですが、お恥ずかしながら
Line(ライン)での攻略は最近まで、わからなかったというか、そもそもキャバ嬢とのLine(ライン)は
おろかそもそもLine(ライン)をしないという状況でしたので、今回実際にキャバクラに赴き
キャバ嬢Line(ライン)攻略をフロー化しながら、実践・検証してきました。

大切なことは、想像どおりでしたがまったくメールと同じ。むしろ既読時間がわかるのでやりやすい。
なので、まずはメールにも共通する基本事項のキャバ嬢攻略法をお伝えします。

【 キャバ嬢メール/Line攻略法 基本編 】

その壱 : 交換した直後はキャバ嬢にはメール/Lineを送らない、返さない。
1日もしくは2日ほど空けてから送りましょう。
理由として、これは非常に大切なことですがキャバ嬢を落とすには、他のお客と自分の
差別化が絶対条件です。

なので、ガッツけばガッツくほど他のお客と足並み揃えてしまうことになりますので、
メール/Lineを送りたい(返したい)気持ちをグッと堪えて我慢しましょう。

また、こちらがキャバ嬢に依存するのではなく、キャバ嬢に依存させることが最終目標ですので
「あんなに盛り上がって好意がありそう(指名とれそう)」だったのに、なんで連絡ないんだろう。。。
のようにキャバ嬢を少し不安にさせることが重要です。

また、メール/Lineを返さないことにより、余裕があると思わせモテる男の演出。
決してキャバ嬢より下の立場になってはいけません。

以上、あまり教えたくないほど鉄板ネタで落とせるときはだいたいこれが有効に働いて
います。

次回はその弐をお送りします♪お楽しみに^^

 

以上、
【THE Night☆Consultant 13】
が、お送りしました。 

This program is brought to you by 
【THE Night☆Consultant 13】